Lechlade Lake

肩が直ったら行こうとケンと約束していたレッチレイド湖へ。 ここは6ポンド以上の鱒しかいないフィッシャリーだ。 のんびり10時半に待ち合わせしていたら、2艘しかないボートも なく、すでのかなりの人数が釣っているとのこと。 それでも運試しと半日券(魚2匹まで)を購入し、釣行開始。 気温があがらない(3~4度)のせいか周りも…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ストラウトのファーマーズマーケットとサイレンセスター

月に開会されるストラウトのファーマーズマーケットの 情報を得て、奥様と買出しに。 車で40分の山間の町ストラウトへ。 田舎なので駐車場も3時間まで1ポンドと安い。           町の教会           野菜のスタンド           小さなな広場の市 かぶやその他の野菜、そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フライフィッシング

肩の痛みはまだあるが、まっすぐな動作には問題ないので 7ヶ月ぶりにサマフォードの湖へ。 管理人のクリスやオーナーのチャールズに歓待され手作りの 野生のりんごワインにウイスキーを足したものを振舞われ、 復帰記念に乾杯。結構甘くて美味しい。           久しぶりのブラッドフォード湖          …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ロンドンの韓国料理

欧州責任者の帰国に伴い、ロンドンで送別会。 幹事の私がRegal Closeさんに教えて頂いた 韓国料理店「名家」=Myung gaで食事会を設定。 店のHPにVisitorとしてチャンドンゴンやゆんそなの名が。 高級料理店かなと思いセットの価格を聞くと30ポンド弱。 安心して今回はカルビセットに単品で牛タンとユッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ボクシングデー

ボクシングデーといってもボクシングをやるわけではない。 クリスマスの翌日に日ごろお世話になった人(郵便配達夫や ゴミ回収の人たち等)へプレゼント(お金)を送る習慣があり ギフトを箱に入れて贈ることからボクシングデーと言われる。 (教会で寄付を箱に入れて募ったという説も有る) 北米でもイギリスでもそのプレゼントの習慣からか2…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

Buxtonの奇岩

ウエッジウッドセンターからシェフィールドへ 向かう途中にあるバクストン。 昔から温泉で有名だとのことだが、イングランドのなかでも 高度が高く非常に寒い。 ドライブ中、奇岩も見られたのはラッキーだった。           いきなりこんな景色が目の前に           奇岩!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Wedgewood Visitor Centre

娘の学校に妻を連れて見学に行く途中にある ウエッジウッドのビジターセンターに寄ってみた。 博物館の入場料と込みで一人9ポンドを払い中へ。 入り口に映写室があり、歴史を学んだ後で展示室へ。 倒産後は工場内ツアーは無くなり(海外生産Only) 製作過程のデモのみ見学する事ができる。           エリザベス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バーミンガムのクリスマスマーケット

ベルギーで味を占めたクリスマスマーケット。 車で一時間半のバーミンガムでドイツ風の クリスマスマーケットが開催中と聞いて出発。           ここにも運河があるのね           時間が早く入り口は準備中が多かったが           メインの美術館前に着くころには大勢の見物客が …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー旅行 (ボビンレース編)

ツアーで思うようにボビンレース店が見れなかったので 最終日に再度ブルージュへ電車で。           2等の往復切符で28ユーロ           あちこち落書きされているベルギーの列車 まずはベルギーレースの聖地のレースセンターへ           レースセンター入り口 拍子抜けする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー旅行 (日曜編)

今日は日曜でグランサブロン広場で骨董市と聞いてでかけた。 雨模様のせいかクリスマス間近のせいかお店の数、内容ともに がっかりのレベル。 ロンドンで散々アンティーク市場を見たせいかも知れない。 気を取り直して王立美術館へ。 オーディオガイドに残念ながら日本語は無く英語で我慢。 お目当てはブリューゲル父の「イカロスの墜落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー旅行 (ゲント&ブルージュ編)

こちらは日帰りのガイド付きバス旅行。 構成はスペイン人12、日本人4人、フランス人5人、アメリカ人2人、カナダ人2、 ポルトガル…と多様な団体に対してガイドがフランス語、スペイン語、英語で 対応すると言う忙しさ。 「ゲント」           このへんはすべて運河でむすばれている           ム…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベルギー旅行 (ブリュッセル編)

ドイツのクリスマスマーケットを見てこようと調べていたら ブリュッセルにもあることを発見。 奥様の趣味である ボビンレースのルーツも一緒に辿ろうとブリュッセルへ 3泊旅行へ。(英語読みだとブラッセル) 飛行機でブリュッセルへ飛び、グランプレスへ徒歩1分という 恵まれたホテルへ到着。 あいにくながら雨模様だが、それでも欧…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オクスフォード

前日に日本から着いたばかりの妻がブーツが欲しいというので オクスフォード郊外にあるアウトレットモールで買い物をした後に 以前から友人に進められていたオクスフォード市内にある カバードマーケットを訪ねてみた。           買い物客でにぎあうオクスフォード中心部 狭い入り口を抜けるとたくさんの専門店が並んでいる…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

プラハ出張 (お店編)

市内の面白いお店をいくつか。           操り人形屋さん           奥までぎっしり           マトリョーシカ屋さん?           ダチョウの卵の殻の置物           レストランの外の写真入りメニュー           しゃれたショッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラハ出張 (観光編)

金曜はお客様と市内観光へ。           市内までプラハで生産された観光用トローリーを貸切で           有名なカレル橋を見ながら別の橋で市内へ           市内側から見たプラハ城 天気もよく古い街並みや景色も良く見えて観光日和だが寒い。           市内広場に…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラハ出張 (外食編)

二日目の夜はプラハ城を観光した後に 場内のレストラン”Vikarka”へ。           ライトアップされたプラハ城           聖ヴィート大聖堂正面           城の一角にあるレストランの入り口 なんと設立が1360年とある。日本だと南北朝時代。        …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

プラハ出張 (ホテル編)

年に一度の欧州代理店を集めた会議が今年は プラハ(英語表記だとPrague)で行われました。 会場はプラハ城に近いホテルDiplomat。 タクシーでホテルに着くとボーイさんがカバンを 取りに来るきちんとしたホテルです。           小枕まであるかわいい室内 初日の夜はスタッフだけなので、ホテルの地下…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

Three Crowns (パブレストラン)

前に釣りの帰りにいつもにぎわっていたレストランを 見つけたのだが、ドイツのIT担当者がイギリスに来たのに 便乗してみんなで食事に出かけて見ました。           黒板に書かれたメニュー メニューはフィレ、Tボーン、リブアイなどのステーキ類のほかに、 猪やワニなどのゲームメニューが並んでいる。    …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

イギリスの医者 (その8)

リハビリも痛みが強く思うように行かないので 再度GPで強い痛み止めの薬とできれば注射を してもらおうとまた予約を取って行ってきました。 医者は注射も薬もOKというのですが、薬はともかく 注射も処方箋を書き出した。 これをもって注射の予約を取るようにとのこと。 えー!お前は医者じゃないのか? GPって完全分業制な…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハロウィン♪

今年は土曜がハロウィンなのでたくさん子供がくるかも。 チョコレートにキャンディー、個袋に入ったポテトチップを (=WALKERSなのだが25gx26個で2ポンド、激安!) 用意して待つ。 さすがに暗くなるまで待っていたのか子供が来だしたのは 7時前くらい。 写真を撮ろうと待ち構えていたのだが3枚撮ったところで 電池…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more