イギリス発FF初心者日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリスの医者 (その7)

<<   作成日時 : 2009/10/20 17:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

検査結果と診断がでました!

難しい単語が多く難解なのですが…

The long head of biceps lies correctly within the bicipital groove and appears normal.
Normal subscapularis.
Supraspinatus asd infraspinatus are intact.
No evidence of a partial or full thickness tear.There is mild hypertrophy of the acromioclavicular joint.
There is a mild inferior offset.
The under surface of the acromion is concave.
There is a mild posterior and lateral down slope.
There is oedema within the rotator interval as well as the inferior glenohumeral ligament.
Radiologically this is suggestive of a frozen shoulder.

Conclusion
The rotator cuff is intact.
There is MR evidence of adhesive capsulitis.

翻訳すると

二頭筋の長頭は、正しく二頭筋溝に属して、正常に見えます。
正常な肩甲下筋。棘上筋と棘下筋は完全です。
部分的であるか完全な厚さ裂け目に関する証拠がありません。
肩鎖関節の軽い肥大があります。
軽い劣ったオフセットがあります。
肩峰の下の表面は凹面です。
後部のそして側部の下に軽いスロープがあります。
下関節上腕靱帯と同様に回転子間隔中に、浮腫があります。
放射線学的に、これは五十肩を示しています。

結論
腱板は完全です。
癒着性関節包炎に関するMR証拠があります。

簡単に言うと
筋肉の損傷は認められない。
五十肩(英語ではfrozen shoulder)を示している。
筋肉が癒着して間接包炎を起こしている<これが痛みの原因

しばらくリハビリしていなかったので癒着がひどくなっているのか
右手は後ろ手にしようとしてもベルトまでも届きません
痛くてYシャツをたくし込めない状態で、背広の上着も着れません。

NHSの医者に痛みどめの注射をしてもらおうと予約をお願いしたら
(フィジオセラピストはそういう治療はできません)
一番早くて11月6日の予約だそうです。

どうせ痛いならいっそ、釣りをしてリハビリできないか聞いてみます。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
辛い結果ですがリハビリが効きそうですね。
ならおう
2009/10/23 18:24
事実の羅列に「で、どうすればいいの?」
と聞きたくなります。
筋肉の癒着が痛みの原因ということですが、
なぜそうなったか、どうしたら治るのか、
アドバイスが欲しいところですね。
やはり地道なリハビリが治癒への早道
なのでしょうか。
Regal Close
2009/10/24 04:23
ならおうさん、Regalさんコメントありがとう。
五十肩の原因はわからないそうです。
(フライフィッシングのやりすぎ説ありw)

リハビリはものすごく痛いです。
痛みを引きずって寝返りで痛くて目が覚めることも。
うぃんどのったー
2009/10/24 16:36
そんなに痛いのですか...
釣行ご一緒できず、ホント残念です。
リハビリは痛くてとても大変だと思いますが、
頑張ってください。
Regal Close
2009/10/25 09:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

イギリスの医者 (その7) イギリス発FF初心者日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる