イギリス発FF初心者日記

アクセスカウンタ

zoom RSS イギリスの医者 (その6)

<<   作成日時 : 2009/10/12 16:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

肩の痛みがより強くなり、詳しい検査(MRI)をお願いしたら
4つ方法があるという。

1 無料のNHSで申し込む>おそらく半年待ちだろう
2 プライベートの外科医に頼む>1000ポンドくらい覚悟してね
3 プライベートの検査だけを行う>大きな病院で500ポンド
4 チャリティ団体が主催している検査機関で検査>218ポンド

うはぁ、医は仁術じゃないのね。イギリスは階級社会とは聞いて
いたけれど、こんなにいろいろお金でかわるのね。

4の場所が車で40分位で行けるCheltenhamだというので、
そこに連絡を取って貰った。
翌日電話がかかって、氏名と症状を確認するといつこれるかと
聞いてくる。ポーランド出張後の月曜と言うとあっさりOK。

COBARTO APPEAL FUNDという癌の検査と治療のための
チャリティ機関が検査機器を持っているらしい。

生まれて初めてのMRI検査の手順は、ボタン等のついていない
洋服を着たまま、検査部位にプラスティックの輪をつけて
あのチューブのような機械に寝たまま入るだけ。
緊急停止ようにブザーっぽいものを持たされる。

音がうるさいのでヘッドフォンをするのだが、それでも結構耳に
音が響いてくる。そして数分単位で音の高低が変わる。

腕を体にきちんと合わせてベルトで巻かれており、だんだん肩が
痛くなって、最後のほうでブザーを押したいのをなんとか我慢。
体感では30分ほどだが、実際はもう少し長かったようだ。

終わった後15分くらいで検査結果の入ったCDをもらう。
会社のPCで再生可能で肩の部分のMRI写真が数種類時系列で
並んで見れるのだが、素人にはなにを意味するかわからない。

この結果とこの検査機関専属医からの所見がいつもの医者に
まわされるそうなので来週には話が聞けるかも知れない。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
もし日本の医師にお知り合いが居られたらそのデータで初見を求めるのもありでしょうね。
データ診断は多分保険摘要外なので英国内で完結するほうが良いかもしれません。
ならおう
2009/10/19 08:05
痛みが以前より増しているのは心配です。
検査結果で要因と治療法がハッキリすると
いいのですが...
Regal Close
2009/10/19 15:37
ならおうさん、Regalさんレスありがとうございます。
この結果ではっきり理由がわからなければロンドンの
日本人医師のいるクリニックへ行くつもりです。
うぃんどのったー
2009/10/20 02:09
St Jones Woodに日本クラブ診療所、
Hendonにロンドン医療センター、
ActonにJapan Green Clinicがあります。
どの病院も一長一短ありお勧めできないのが
辛いところです。
日本語で問診など受診され、良い医者に紹介状
を書いてもらうのも手です。
症状が改善しなければ、言葉の問題があるので
日本で治療を受けられたほうが良いかもしれません。
Regal Close
2009/10/21 01:33
Regal Closeさん
有難うございます。
やはり50肩と結論がでちゃいましたTT
がんばってリハビリします。
うぃんどのったー
2009/10/23 17:45

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

イギリスの医者 (その6) イギリス発FF初心者日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる