イギリス発FF初心者日記

アクセスカウンタ

zoom RSS パン食について

<<   作成日時 : 2009/07/27 19:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

最近現地のインド風カレーにも若干飽きがきており、
日本のカレールーにタイカレーのペーストを加えて
自分好みのカレーを作るのですが、お米だとスプーンで
食べてもお皿にカレーのルーーがかなり残ります。

一人暮らしなので当然洗い物も担当するのですが、
カレーは脂が強く洗うのも時間がかかりますし、ルーが
流された排水管の詰まりも心配です。
(オーガニック系の排水管掃除剤をたまに使用)

そこで考えたのがご飯の量を減らして最後に食パン
一枚でお皿をふき取るようにして食べる方法。
これだとお皿はかなりきれいになるし、作ったものは
無駄なく口に入るしいいことづくめなのです。

そういえば、欧米では何を頼んでもパンが付いてくる
ことが多いのですがレストランではパンは最初の
方に出てきますので、うまくパンを残しておかないと
この方法は使えません。

自宅なら当然この方法がグレービーを使った肉料理
等でも使えます。

きっと水道が発達していない時には水は貴重であり
お皿を洗う水を節約するという意味からもパン食が
発達したのではないかと妄想を膨らませています。

ご飯よりパンを食べている回数が多いパン好きなの
ですが自分なりにパンの新しい面を発見したような
気がします。

日本食ではこれはできないのかと考えていたら…。
ありました!

新入社員教育で鎌倉の円覚寺に数日間滞在したの
ですが、食事の最後にご飯用の木椀に白湯を注ぎ
たくわんを使ってお碗をこするようにして奇麗にして、
その汁を飲み干すのがしきたりでした。

そしてきれいになった茶碗を持参の布巾で拭いて
また次回そのまま使用するのです。

外国も日本も古い食事方法にきちんとエコロジーが
取り込まれていると感心した次第です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私の記憶では西洋料理のソースはパンで拭って味わうものとか。
原点回帰ですね。
カレーはそうすると洗い物が楽になりますから水代と手間の一石二鳥ですね。
皿を舐めるのは恥ずかしいですし(笑)。
独身時代は大鍋にカレーを煮込んでましたが良いもんですよ。
ならおう
2009/07/28 20:24
大鍋にカレーを作っておられたのですか。
今市販のルーの半分(4人前)で実際には
カレーライスx2回、朝食事のパン食一回の
3食分となります。
カレーは二日目以降が美味しいので、
(冷凍できないこともあり)冬なら大鍋で
作るのもいいかもしれません。
うぃんどのったー
2009/07/29 19:44
カレー中毒だったので凡そ一年間毎晩楽しみました。
夜中に沸騰させて食べて、冷えた朝に冷蔵庫入り。これを繰り返してました。減れば足すの繰返しです。大鍋には別の鍋で煮込んだりレンジで中まで火を通した骨付きの肉を豪快に入れてました。
ルーだけでなくスパイスも詳しくなりました。
ならおう
2009/07/31 08:26
インド料理のスパイスは種類が多く
ハマりだしたら面白そうですね。
カナダ時代に妻が大理石でできた
スパイス用の臼をインド人のお店で
買ったのを思い出しました。
うぃんどのったー
2009/07/31 21:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

パン食について イギリス発FF初心者日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる